利尻昆布の白髪染め

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めた毛束公開中|1回染めと3回染めの色味の違い

利尻ヘアカラートリートメント 全色 利尻カラーシャンプー 全色

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めた毛束を公開しています。

乾いた人毛毛束に30分染めた画像と、さらに2回染めた画像を掲載中です。

染まり具合や色味の違いが比較しやすいページになっているので、購入を検討している方の判断材料にしてもらえれば幸いです。

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンは「染まりやすい・色落ちしにくい」ので、白髪染めが手間に感じている方にはピッタリですよ~!

利尻ヘアカラートリートメント 公式サイト バナー

↓公式サイトなら初回購入1本1,000円割引キャンペーン中↓

利尻ヘアカラートリートメントの購入はこちら

↓よく読まれているページ↓

利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた毛束で色選び

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めた毛束公開中

100%白髪の人毛毛束 利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンを100%白髪の人毛毛束に染めてみました。

  • 上の毛束:乾いた髪に30分置いて染める × 1回行ったもの
  • 下の毛束:乾いた髪に30分置いて染める × 3回行ったもの

上が1回染め、下が3回染めで室温25℃の洗面所で染めました。

元の毛束が黄みがかった色の入っていない状態なので、そこに1回・3回染めただけでしっかりと焦げ茶色に染まっています。

 

平置きで上から撮影しているので若干暗めに見えますが、それでも十分すぎるほど染まっていて白髪だったとは分からないレベルですね。

ちなみに1回染めの毛束は空中で光にかざすとかなり茶色感が強くて見えます。

3回染めはほんのり焦げ茶色のような感じで、焦げ茶と黒の中間のような仕上がりですね。

 

利尻ヘアカラートリートメントは白髪染めの中でもかなり染色力が強くて楽に染まりますが、特にダークブラウンは濃い仕上がりになるので楽ちんです。

1回染まったら中々色落ちしにくいので「白髪て頻繁に染めるのがめんどうくさくて嫌なんだよね」という方には利尻のダークブラウンが最適ですよ。

利尻ヘアカラートリートメント 公式サイト バナー

↓公式サイトなら初回購入1本1,000円割引キャンペーン中↓

利尻ヘアカラートリートメントの購入はこちら

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンは「染まりやすさ・色落ちしにくさ」を重視する方におすすめ

利尻ヘアカラートリートメントは「ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン」の4色展開になっています。

ブラックは黒色なので除いて考えると、茶色系で一番濃い染料が使われているのがダークブラウンです。

そのため染まりやすくて色落ちしにくい頑丈な色なので、ダークブラウンは自分で行う白髪染めが不安だったりなるべく白髪の管理を楽にしたい方におすすめのカラーになっています。

ダークブラウンはナチュラルブラウン・ライトブラウンよりも「青色・赤色・茶色」の色素が多くなっているので、色落ちしても青色から削られるようになっています。

なので染めてから1か月経っても白髪がキラキラと黄色く光るようなことはないので、手入れを怠ってしまっても全然大丈夫なんですよね。

また、他の白髪染めトリートメントと比べても茶色が濃いので、少ない回数でしっかり焦げ茶色が出てくるのが利尻ダークブラウンの特徴です。

髪の細くて染まりやすい方ならさほど気にする必要はありませんが、特に髪が太くて染まりにくい方には利尻のダークブラウンが向いていますよ。

白髪の本数が少ない方はダークブラウンで染めると髪が綺麗にまとまる

もう一つダークブラウンの特徴があって、色が濃いので「地毛の黒色と明度の差ができにくくて染めた部分が目立ちにくい」といううことです。

利尻ヘアカラートリートメントは白髪に色をいれるだけで黒髪部分を明るくトーンアップはしないので、黒髪・白髪の割合を考えると綺麗に仕上がる商品になっています。

たとえば白髪が少なくて黒髪が多い場合は、白髪部分だけかなり明るい茶色に染まると「ここは地毛の黒髪でここは染めた部分」と第三者から見ても分かっちゃうんですよね。

でも、利尻のダークブラウンで染めれば濃い焦げ茶色に染まるので、元の黒髪と明るさの違いがそこまでなくて、白髪だった部分が分かりづらく仕上がるんです。

そのため、白髪の本数が少なかったり地毛の黒髪がかなり暗い方は、明るい色で染めるより利尻のダークブラウンで染めたほうが「全体の仕上がりが落ち着いて綺麗になる」というわけです。

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウン最安値は公式サイト

利尻ヘアカラートリートメント 初回限定キャンペーン

【公式サイト】

※2本以上で送料無料 ※税抜き表示

  • 1本:3,000円→ 2,000円+送料640円=2,640円
  • 2本:6,000円→ 4,000円+送料無料=4,000円(単価2,000円)
  • 3本:9,000円→ 6,000円+送料無料=6,000円(単価2,000円)

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウン最安値は「公式サイト」です。

Amazonや楽天などでも販売されていますが、公式サイト限定の「初回購入時1本1,000円割引キャンペーン」が実施されているので一番安くなります。

それに2本からのまとめ買いで送料無料になるので、さらにおまとめ購入でお買い得になりますよー!

利尻ヘアカラートリートメント 公式サイト バナー

↓公式サイトなら初回購入1本1,000円割引キャンペーン中↓

利尻ヘアカラートリートメントの購入はこちら

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンに関するよくある質問

よくある質問Q&A

ブラックより明るくて他のブラウンより明るいってこと?

その通りです。ブラックは青色がかなり強くて、ナチュラルブラウンとライトブラウンは青色がめちゃくちゃ弱くなっています。

ダークブラウンはほどよく青色・赤色・黄色・茶色が混ざっているので、染まりやすく色持ちがいい暗めの焦げ茶になっています。

色落ちするとどんな色の変化がある?

ダークブラウンで染めた髪が色落ちすると、青色が最初に削られて明るめの焦げ茶色になります。

次に茶色が削られてより赤っぽくなって、最終的には赤色が削られてオレンジのような茶色になります。

他の色より青色の色素が強いので、色落ちして白髪が黄色く光るまでの期間はかなり長く、色落ちに強い色になっています。

色が濃いけど手や洗面所についた着色はとれる?

お湯だけではとれませんが、洗剤でこすれば全然とれますよー。

時間が経って手でこするだけじゃとれないときは、食器洗い用のスポンジで軽くこすれば綺麗に色がとれます。

色がついたら困る浴槽や洗面所でカラーリングするときは、なるべく液体が付着したらすぐシャワーで洗い流すといいですね。

体感でナチュラルブラウンやライトブラウンよりどれぐらい染まりやすい?

商品ごとに持っている色素が違うので何とも言えませんが、体感では1,5倍は染まりやすいと感じます。

特に私たちの頭髪・頭皮には皮脂や汚れがついて染まりにくいので、ダークブラウンで染めるとより違いが顕著に感じますね。

人毛毛束でも染まりやすさにかなり違いがあるので「私はいつも染まりにくくて色抜けやすいからなぁ・・・」という方はダークブラウンがいいですよ。

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンは使い勝手のいい本命色

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン

私は利尻ヘアカラートリートメントの中で一番ダークブラウンが本命の色だと思っています。

他の色も使い勝手はいいんですが、やっぱり「少ない回数でしっかり濃く染まって色が取れにくい」のが便利だと思うんですよね。

自宅で簡単にセルフカラーできるから利尻ヘアカラーを購入するのに、白髪の管理に手間がかかる明るい色を選ぶのは矛盾しているように思います。

ダークブラウンなら黒髪との馴染みもよくて自然に仕上がりますし、なにより染めた後の手間が全然なくて楽ちんです。

どの色が一番売れているかは販売会社さんにしか分かりませんが、私の一押しは利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンです。

自分で白髪染めしたい方にとっては神のようなアイテムですよ。本当に(*’ω’*)

利尻ヘアカラートリートメント 公式サイト バナー

↓公式サイトなら初回購入1本1,000円割引キャンペーン中↓

利尻ヘアカラートリートメントの購入はこちら